Future education | 未来の教育プロジェクト始動

教育情報

Future education | 未来の教育

Philosophy

私は全ての子供が限りない可能性を秘めていると考えています。

そして全ての子供が、それぞれに合った成長の機会を得るべきだと考えています。

しかし「生まれ育った環境により受けることのできる教育に格差が生まれる」教育格差が生まれていることも事実です。

生まれた家庭や地域の差によって受けたい教育が受けられない、これは「その子供」にとって不幸なことだと思いますし、合わせて社会にとっても大きな損失だと思います。

Mission

そこで、私はこのブログをきっかけにして「全ての子供が受けたい教育を受けることができる世界」を実現したいと思うようになりました。

夢を持った子供が、夢を叶えるために正しい努力ができる環境を提供することは、大人の義務と言えるのではないでしょうか?

夢を叶えるためには努力が必要です。

しかし挑戦する機会すら与えられない、努力しようにも手段も方法もわからない。

そんな社会が良くなっていくとは思えません。

なので「全ての子供が受けたい教育を受けることができる世界」を実現したいのです。

Vision

そこで私は「Future education | 未来の教育」と言うプロジェクトを始動することにしました。

Future education | 未来の教育」プロジェクトは「全ての子供が受けたい教育を受けることができる世界」を実現するためのプロジェクトです。

しかし、私がやりたいのはボランティアが恵まれない子供たちを支援するような活動ではありません。

善意だけに頼った活動は、継続させることが困難であると考えるからです。

私がやりたいのは持続可能な(Sustainable)な教育の仕組みづくりです。

教育とは

私は教育とは「子供たちが自らが社会で活躍するための能力を育てる環境」であるとともに「社会が求める人材を育てる環境」だとも考えています。

そして、これからの教育は「教える人(先生)」と「教えられる人(生徒)」の一方的な関係ではなくなっていくと考えています。

社会変化をしっかりと捉え順応していける環境

2016年にダボス会議(世界経済フォーラム)で使用されて注目されるようになった「VUCA(ブーカ)World」という言葉があります。

VUCAとは、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の4つの単語の頭文字をとった造語です。

取り巻く社会環境の複雑性が増し、次々と想定外の出来事が起こり、将来予測が困難な「VUCA World」では、社会変化をしっかりと捉え順応していける人材が求められます。

今までの世界では主に「国語」「数学/算数」「理科」「社会」「外国語」を専門とした先生(教える人)が生徒(教えられる人)に一方的におこなうものでした。

しかし「VUCA World」では、生徒が教えて欲しいことを教えられる人が、従来の先生であるとは限りません。

また、あと時は「教える人(先生)」だとしても、ある時は「教えられる人(生徒)」になるような環境が自然なのではないかと思います。

社会の変化に合わせて学び続けることが出来る人が、社会で輝き続けられる世界が近づいてきているのではないかと感じています。

Strategy

Future education | 未来の教育」で、まずターゲットとしたいと考えているテーマが2つあります。

「グローバリゼーション」と「テクノロジー」です。

グローバリゼーション

グローバリゼーションとは、ヒト、モノ、カネが国・地域という枠組みを超えて、活発に移動し、政治や経済、文化が地球規模で拡大する現象、または用語です。

これからの世界で活躍するためには、グローバリゼーションに対応する必要があります。

グローバリゼーションに対応するためには、

  • 語学力
  • コミュニケーション能力
  • 異文化と日本文化に対する理解

が必要だと言われます。

Future education | 未来の教育」プロジェクトでは、グローバリゼーションに対応するために「語学力」「コミュニケーション能力」「異文化や日本文化に対する理解」を高め、深めるプログラムの提供を考えています。

テクノロジー

そして、これからの社会で活躍するにはテクノロジーの理解も欠かせないと言えるでしょう。

教育の分野でもアメリカで2009年に当時のオバマ大統領が演説でSTEM教育の重要性を強調したことで注目されました。

STEM教育とはScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学・ものづくり)、Mathematics(数学)の4つの単語の頭文字を組み合わせた教育概念で、最近ではArt(芸術・リベラルアーツ)を含めた、STEAM教育が注目されています。

Recruit

コメント

タイトルとURLをコピーしました