今日は首都模試を自宅受検~緊急事態宣言中の模試~

公立中高一貫校

今日は敬老の日ということで祝日!!

天気も良いしお出かけ日和ですが緊急事態宣言中ということで家でまったりしています。

今日は首都模試の受検日

首都圏模試センター(通称首都模試)の適性検査型模試の受検日です。

前回の模試は某私立中学まで行って受検したけど今回は感染症対策ってことで自宅受検を選びました。

1週間くらい前に問題用紙一式が自宅に届いて今日45分×2の模試を実施しました。

会場受検の場合は9時過ぎから受検ですが自宅受検の場合は時間は自由(今日じゃなくてもok)なので犬の散歩から帰って10時半ころからスタートしました。

やっぱり緊張感はない…

試験官は私。会場はダイニングのテーブル。

やはり緊張感はないですね。。。

でも往復1時間~2時間弱はかかる模試会場までの時間を考えると自宅受検の方が親子ともに負担が軽くて良かったかなと思います。

ただ少しでも本番に近い状態で緊張感をもって受検して欲しいのでタイマーできっかり45分を計りテストとテストの間の時間も5分としてキッチリやりました。

ただ小4弟がリビングでAmazonプライムをスマホで視聴しています…W

イヤホンをしていましたがコメディー映画を見ているようで時々「ふふふっ」と笑うのが試験官として気になりました。。。(苦笑)自宅受検のデメリットですね。

試験本番まで残り…

そんな環境下でキッチリ45分×2の90分の模試が終了しました。

コロナ禍で模試を自宅で受験したり塾の授業もオンラインで受講したことが何度かありました。

しかし公立中高一貫校の受検日である2月3日まで、あと136日みたいです。

首都模試は11月にあと1回開催されますが、残り1回です。

親子ともに実感がないんですよね。。。毎日、塾の宿題と過去問演習をして勉強時間は増えていますが、あと136日で本番だと、わかっても緊張感が高まらないんですよね。

他の受検生は緊張感が高まってきているんだろうな。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました