茨城県立日立第一高校附属中の評判は? 偏差値、進学実績など

茨城県

全国の公立中高一貫校について調査する「全国の公立中高一貫校徹底研究シリーズ」

今回は、県立高校改革で相次いで県立高校が中高一貫校に姿を変えていることが話題の茨城県の公立中高一貫校「茨城県立日立第一高等学校附属中学校」について調べたのでご紹介します。

この記事を書いた人

管理人の"アニーパパ"と申します。 神奈川県在住40代です。2022年に長女が公立中高一貫校に無事に合格することができました。
私は東証一部上場企業の子会社で教育事業の責任者を2年ほどやっていました。当時、公立中高一貫校受検の専門家や国際バカロレア(IB)の専門家の方々に、取材や対談でお会いして公立中高一貫校や英語教育に魅力を感じました。
このブログでは子供たちの中学受験体験記的なことから仕事も含めて情報収集して集めた受験・教育情報なども紹介していこうと思います。
2024年には次男の中学受験を予定しています。

アニーパパをフォローする

茨城県では2022年4月開校の2校を含めて公立中高一貫校が13校になり、都道府県立別の公立一貫校数としては東京を抜いて、全国最多となりました。

水戸一高(水戸市)、土浦一高(土浦市)など多くの県内の進学校が一貫化したことも茨城県の特徴です。

茨城県立鉾田第一高等学校附属中学校とは?

茨城県立日立第一高等学校附属中学校は、茨城県日立市(茨城県日立市若葉町3丁目15番1号)にある公立の中高一貫校です。

茨城県立日立第一高等学校附属中学校 紹介動画

教育目標・方針

茨城県立日立第一高等学校附属中学校は、創立以来80有余年の歴史と伝統をもつ日立第一高等学校の附属中学校として開校しました。

科学教育と国際教育に重点化を図った県内初の併設型公立中高一貫教育校として、「高い志 科学する心 未来を拓く力」を教育理念に掲げ、教育目標「豊かな人間性と高い知性を有し、日本そして世界の未来を拓く次代のリーダーを育成する」の具現化を目指した学校づくりを行っています。

茨城県立日立第一高等学校附属中学校の全ての職員は、教育公務員としての自覚と使命感を堅持しながら、教育目標の達成に邁進し、併せて信頼と活力を生む「地域に開かれた学校」づくりを推進しています。

茨城県立日立第一高等学校附属中学校の目指す学校像は

  1. 6年間の継続的・計画的な教育活動を通じて、豊かな人間性と確かな学力を育成し、高い志をもって広く社会で活躍するための基礎を培う学校
  2. 異学年交流などを通じてコミュニケーション能力を育成するとともに、学校行事や部活動を通じてスポーツや芸術文化の資質を高めることのできる学校
  3. 日立・東海・つくば等の地域の知的資源やSSH(スーパーサイエンスハイスクール:Super Science Highschool)、SELHi(スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール: Super English Language High School)の実績を生かして、特色ある科学教育と国際教育を推進し、科学技術を担う人材、国際社会で活躍できる人材を育成する学校

茨城県立日立第一高等学校附属中学校の入学者募集・選抜について

応募資格

下記のいずれにも該当する者。

  1. 小学校若しくはこれに準ずる学校又は義務教育学校の前期課程(以下「小学校」という。)を令和4年3月に卒業又は修了する見込みの者
  2. 保護者とともに県内に居住する者(入学日までに保護者とともに県内に居住することが確実な者を含む。)

募集定員

80名

選抜検査の内容

併設型中学校入学者選抜方法

  • 適性検査Ⅰ(45 分間):小学校で学習した内容を基に,思考力,判断力及び課題を発見し解決する力などをみる。
  • 適性検査Ⅱ(45 分間):文章や資料を基に,読解力,分析力及び自分の考えを表現する力などをみる。
  • 面接(1グループ20 分間程度):5人程度を1グループとした集団面接とし,学習への意欲や6年間一貫の学校生活への適性などをみる。
アニーパパ
アニーパパ

適性検査、面接以外に小学校で作成してもらう調査書や志願理由書も選抜で使用されます。

茨城県立日立第一高等学校附属中学校の偏差値は?

茨城県立日立第一高等学校附属中学校の偏差値は男子56、女子56(首都圏模試センター)です。

ちなみに四谷大塚の偏差値では男子55、女子57でした。

アニーパパ
アニーパパ

公立中高一貫校は記述問題(作文含む)が多い適性検査であることや小学校から提出される報告書などで選考されるため、偏差値だけでは合格できるか判断できない面があります。

同じくらいの偏差値の学校を探すと、国立/私立中学では

  • 茗溪学園中学校(男子56~66、女子56~66)※首都圏模試センター

です。

同じ公立中高一貫校だと

  • 茨城県立竜ヶ崎第一高等学校附属中学校(男子58、女子58)
  • 茨城県立水海道第一高等学校附属中学校(男子53、女子53)

などです。

茨城県立日立第一高等学校附属中学校の受検倍率は?

茨城県立日立第一高等学校附属中学校の令和4年(2022年)の受検倍率は2.51倍でした。

募集定員入学志願状況倍 率
80113932012.51
茨城県立日立第一高等学校附属中学校ホームページより

令和3年(2021年)の受検倍率は2.23倍でした。

募集定員入学志願状況B)倍 率
8085931782.23
茨城県立日立第一高等学校附属中学校ホームページより

令和2年(2020年)の受検倍率は3.23でした。

募集定員入学志願状況B)倍 率
 
801411172583.23
茨城県立日立第一高等学校附属中学校ホームページより

平成31年度(2019年)の受検倍率は2.46でした。

募集定員入学志願状況(B)倍 率
80104931972.46
茨城県立日立第一高等学校附属中学校ホームページより

茨城県立日立第一高等学校附属中学校の評判は?

茨城県立日立第一高等学校附属中学校の「みんなの中学情報」での評価は茨城県124校中18位と非常に評価が高いです。特に「進学実績/学力レベル(茨城県1位)」「先生(茨城県3位)」「学費(茨城県4位)」「校則(茨城県5位)」が高い評価です。逆に「治安/アクセス」「施設」「制服」が少し低めです。

在校生の声

1年生女子<br>(日立市立櫛形小学校出身)
1年生女子
(日立市立櫛形小学校出身)

私は幼い頃から科学に興味を抱き、医師になりたいという夢を持っています。そこで出会ったのが、日立一高附属中でした。日立一高はSSH指定校であることから、ハイレベルな理科教育や医師を目指す人のための特色ある教育を受けられ、夢に一歩近づけると思い、入学を決意しました。
入学してみると、そこには同じ志を持った仲間がたくさんおり、互いに交流し、切磋琢磨するこ
とができています。また、先輩方も意識が高く、学校全体が、私を含めた一人ひとりが夢を実現
できるように、背中を押してくれているのだと感じます。私はこれからの6年間で、自分の夢に
向かって日々努力していきたいです。
高い目標や夢を持つ皆さん、私たちと一緒に、夢に向けてのより有意義な6年間を過ごしません
か。皆さんのような高い志を持った人たちが入学してくれることを、楽しみにしています。日立
一高附属中で、夢に向かって大きな一歩を踏み出しましょう!

2年生男子<br>(日立市立宮田小学校出身)
2年生男子
(日立市立宮田小学校出身)

私は将来、宇宙飛行士になりたいと思っています。そのためには、科学の知識が必要です。附属中はSSHに指定されているため、より深い内容を学ぶことが出来ます。また、この学校では日立一高生との交流の場が多く、自分の夢を決めるにあたって、一つの目標になります。そのうえ、グループワークやALTとの対話を通して、それぞれの個性を認め、互いに高め合っていく
力も身につけることができます。
附属中は、「高い志、科学する心、未来を拓く力」をモットーとして、先生と生徒の間だけでなく、生徒同士でも学び合うことができます。これは、高い目標を見据えた人たちが集まってい
る附属中ならではです。皆さんも、日々学び、一歩ずつ成長していくことのできる附属中で、高
め合ううれしさを自分の体で感じてみませんか?

茨城県立日立第一高等学校附属中学校の制服

茨城県立日立第一高等学校附属中学校ホームページより

茨城県立日立第一高等学校附属中学校の進学実績は?

令和3年度 大学入試結果

国公立大学

東京大学(3) 京都大(1) 東京工業大学(1) 北海道大学(4)東北大学(2) 大阪大学(3) 筑波大学(7) お茶の水女子大学(2)千葉大学(1) 茨城大学(8) その他国立大(16) その他公立大(15)

私立大学

早稲田大学(7) 慶応義塾大学(4) 上智大学(1)東京理科大学(4) 明治大学(7) 青山学院大学(3)立教大学(1) 中央大学(3) 法政大学(6)学習院大学(1) その他私立大(72)

医学部医学科

福島県立医科大学(1) 東京医科大学(1)

海外大学

Harvard University:ハーバード大学(アメリカ)(1)

アニーパパ
アニーパパ

茨城県立日立第一高等学校・附属中学校は科学教育に力をいれており、高2からサイエンス科を選択することができます。また、国際教育にも力を入れており中3で英検準2級の全員取得を目指しています。

ハーバード大や医学部へ合格者を出しているのは茨城県立日立第一高等学校・附属中学校の教育成果なのだと思います。

詳しくはコチラ

茨城県立日立第一高等学校附属中学校への各塾の合格実績

茨城県立日立第一高等学校附属中学校への各塾の合格実績では

  1. 茨進(市進学院):57名

と茨進(市進学院)しか合格実績の掲載がありませんでした。

各塾ホームページより

茨城県立日立第一高等学校附属中学校へのZ会/進研ゼミの合格実績

公立中高一貫校受検ではZ会や進研ゼミにも適性検査対策のオプション講座があります。

進研ゼミ14名、Z会6名が茨城県立日立第一高等学校附属中学校に合格しています。

Z会/進研ゼミホームページより

\ 無料資料請求はコチラ /

\ 無料体験教材・資料請求はコチラから /

茨城県立日立第一高等学校附属中学校の過去問

まとめ

今回は、茨城県立日立第一高等学校附属中学校の「特徴」「 偏差値」「進学実績」「塾や通信教育ごとの合格実績」などをご紹介しました。

※本記事は茨城県立日立第一高等学校附属中学校や各塾などのホームページなどの情報をもとに作成しています。受検をご検討の方々はご自身で各ホームページの情報もご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました