中学受験(受検)と英語はどう両立させる?

※当サイトはアフィリエイトプログラムを利用して商品等を紹介しています。

英語教育

「中学受験に集中するために英語学習を中断した」というお話を耳にします。

娘も小6の1年間は英語学習を中断して中学受験に集中しました。

しかし中高一貫校に入学した娘は「小学生時代にもっと英語を勉強しておけば良かった」と言っています。

娘は小4で英検5級、小5で英検4級を取得していましたが中学に入学して初の定期テストで自信があった英語で平均点ギリギリで少しショックを受けていました。

実際にクラスメイトには小学生時代に英検3級に合格していた生徒さんが数名、英検準2級や2級に合格していた生徒さんも1名づついたそうです。

今回は2024年に中学受験(受検)を計画している息子の英語学習両立計画に関して紹介します。

この記事を書いた人

管理人の"アニーパパ"と申します。 神奈川県在住40代です。2022年に長女が公立中高一貫校に無事に合格することができました。
私は東証一部上場企業の子会社で教育事業の責任者を2年ほどやっていました。当時、公立中高一貫校受検の専門家や国際バカロレア(IB)の専門家の方々に、取材や対談でお会いして公立中高一貫校や英語教育に魅力を感じました。
このブログでは子供たちの中学受検体験記的な内容から仕事も含めて情報収集して集めた受検・教育情報なども紹介していこうと思います。ちなみに2024年には次男の中学受検を予定しています。
また、娘が中高一貫校に通うことになり中高一貫校の多くで使用されている検定外教科書「体系数学」と「New Treasure(ニュートレジャー)」に苦戦しました。そこで多くの専門家の方々に相談してオンラインスクールを開校すべく準備をすすめています。このような経験から得られたことも発信しています。

アニーパパをフォローする
この記事でお伝えすること
  • 中学受験(受検)と英語はどう両立させる具体的な方法
  • 小学生時代に目指すべき英語力
  • 受験学年の具体的な英語学習
  • オンライン英語塾/オンライン英語個別指導サービスについて

中学受験で英語学習を中断はもったいない!

幼児〜小学生のお子さんに「英会話」を習わせているご家庭は多いと思います。しかし、お子さんが小学校3〜4年生になると中学受験塾に通塾することになり、塾の宿題なども負担になるため「英会話」をはじめとした習い事を整理するご家庭が多いと思います。

娘も幼児期から近所の英語塾に通っていましたが中学受験を意識しはじめた小学校4年生ごろに辞めてしまいました。

中学受験(受検)で英語で入試が実施されるケースもありますが、ごく一部の学校だけなので国語・算数・理科・社会の四科学習や公立中高一貫校の場合は適性検査対策に時間を割きたいと思うのは自然な流れかなと思います。

しかし、2020年度から小学校で英語教育が必修化され2021年度からは中学校の学習指導要領も改定され特に英語学習に関する変更が行われています。

中学受験(受検)はゴールではありません。

中学に入学してからのこと、将来の大学受験なども考えると中学受験で英語学習を中断させるのは「もったいない!」と感じます。

小学生時代に目指すべき英語力

小学生が習得すべき英語力を考える上では英検などの資格試験を目標とするのがわかりやすいです。

英検、GTEC、IELTS、TOEFL、TOEICなど主要な英語検定は、どれも「聞く(リスニング)」「話す(スピーキング)」「読む(リーディング)」「書く(ライティング)」の英語4技能を試す試験となっています。

大学入試でも活用が検討される英検、GTEC、IELTS、TOEFL、TOEICですが、小学生が受験を検討できるのは英検のみになるかなと思います。

英検のホームページを見ると各級の推奨目安となるレベルが設定されており

  • 英検5級:中学生初級程度
  • 英検4級:中学生中級程度
  • 英検3級:中学卒業程度
  • 英検準2級:高校中級程度
  • 英検2級:高校卒業程度
  • 英検準1級:大学中級程度
  • 英検1級:大学卒業程度

とされています。

中高一貫校への進学を目指している場合は、英検3級以上を目標としたいところです。

アニーパパ
アニーパパ

知り合いのお子さんの学校では海外帰国子女を受け入れており一部の授業は英語で実施されており中1で英検2級以下の生徒さんがほとんどいないそうです…💦

なので学校によっては小学生時代に英検2級以上を目指さないといけないケースもあると思います。

ちなみに取得スケジュールの目安としては(小学生で英検3級を取得したい場合)1年に1級づつ取得を目標に小2の終わり頃から英語学習を開始したいところです。

小学生で英検3級を取得したい場合のスケジュールの目安

小5:英検3級
小4:英検4級
小3:英検5級

小5までに目標とする英検の級に合格できたら小6は受験学年になりますので受験勉強を優先することになると思いますが、完全に英語学習を中断させてしまった場合には、それまで身に付けた英語力を維持することは難しく

受験学年の英語学習

今年が受験学年の息子がオンラインで英語を指導してもらっている先生に、今年1年の英語学習に関して相談しました。

文で覚える単熟語の文章を使用してオーバーラッピング&シャドーイング

受験学年の英語学習は自学自習が中心になります。

1つめは「文で覚える単熟語」文章を使用してオーバーラッピング&シャドーイングです。

実際に娘が英検3級の対策で挑戦してみて感じるのは、英単語・熟語学習に「文で覚える単熟語」を使用したことは、とても良かったと感じています。

文で覚える単熟語」の良い点は

文章で英単語・熟語を覚えるのでリーディング力を強化できる

英検対策に限らず文章を読みながら英単語や熟語を覚えるので長文読解のトレーニングも同時におこなうことができます。

リスニング力・スピーキング力の育成も

下にある動画でも具体的な「文で覚える単熟語」を使用した学習法をご紹介していますが、「文で覚える単熟語」の文章を使用してオーバーラッピング、シャドーイングを実施することでリスニング力の強化にもつながりました。

またオーバーラッピング、シャドーイングはスピーキング力の強化にもつながりました。

オンライン英語塾/オンライン英会話4選

自宅で学べる小学生のためのオンライン英検(R)対策講座「SoundsFun!」



学研グループの学習塾である株式会社創造学園が開発した、 小学生に特化したオンライン受講型の英検対策講座です。

SoundsFun!は中学入学後の英語学習に大きなアドバンテージを持つ生徒を多数育成することを目標としており、 短期的な詰め込み式の英検対策ではなく、1年かけて1級進級を基本的な目標設定としています。※第1回、第2回で合格すれば年度途中でも次の級のクラスに進級可能です。

またオンライン化することで精鋭の講師陣とネイティブ講師による質の高い授業を全国から受講できます。

ネイティブの音感とリズムをマスター。

英語圏の子供たちと同じ発音練習法「フォニックス」を使用します。
毎回の授業で外国人講師(ALT)と発音の練習を行います。

自宅で受講できる双方向オンラインライブ授業。

録画映像で欠席時のフォローや見直しも可能です。
文法解説動画はいつでも自由に視聴することが出来ます。

受験級の合格にあわせてクラスも進級。

クラスは無学年・進級式。お子さまの力に合わせたクラスから始められ、英検®目標級合格に合わせてレベルアップします。※小1~小6で英検ジュニア~英検準2級を目指せます。

Willies_English(ウィリーズ英語塾)



英語学習習慣が身に付くスクールです

Willies_English」は担任講師のレッスン+日々10分の音読+英検Jrとの連動で、目標をもって一つ一つ確実に上達していきます。将来英語を武器に人生が豊かになるようなレッスンをご提供します。

通常はキッズコースを受講して、英検3〜4ヶ月前に英検コースに変更することが可能です。

担任講師で安心、英語学習が習慣化

はじめて英語を習うお子様には、楽しいレッスンは最も重要です。
ただそれだけで終わるのはもったいない。

Willies_English」は安心できる担任講師制です。毎日少しずつの音読。生徒様・親御様・担任講師がワンチームで英検Jr/ 英検を目標に確実にステップアップしていくことができます。

Willies_English」のキッズ英会話はそんなコースです。

ハッチリンク ジュニア

ハッチリンクジュニア」は子供専用のオンライン英会話スクールです。

レッスンはパソコンを使用して、ご自宅とフィリピンのオフィスに勤務するフィリピン人講師とを無料テレビ電話Zoom(ズーム)、Skype(スカイプ)を使用して行うオンライン授業です。

ハッチリンクジュニア」は講師、カリキュラム、レッスン内容、レッスン時間を幼児、小学生、中学生、高校生(3才~18才)のお子様に焦点をあてました子供専用のオンライン英会話スクールです。

ご自宅からオンラインにて英語授業を行うため、従来の英会話教室に必要であった面倒な送り迎えもいらず便利で、安心な習い事です。レッスンの予約はクリック1つで簡単に予約ができます。

英検対策も

英会話学習経験者のお子様へは、より会話に重点を置いたレッスン内容で、できるだけ自然な、生きた英会話を身に着けるための内容です。

Z会Asteria



学年に関係なくどんどん学習を進められる。
英語「4技能」の習得が可能

英検®4級取得済みレベルから英検®準1級レベルまでの実用的な「4技能」の習得が可能です。

人とAIによる指導で、しっかりとした英語力が身につく。

「個別強化AIプログラム」は、AIが、1問ごとの問題の正誤・学習履歴・習熟度などのデータから、最適な課題を次から次へと出し続けます。常に最適な課題に取り組めるので、無理・無駄なく、確実に力をつけていくことができます。

Speakingの「オンラインレッスン」は、月2回、外国人講師と1対1で行います(1回約25 分・予約制)。講師は受講者の到達度を判断してレッスンをリードしフィードバックが得られるので、実践的な英会話力が身につきます。

まとめ

今回は中学受験と英語学習をどのように両立するのか?特に受験学年の6年生が英語学習を両立する方法をお伝えしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました