小学生の英語はいつから?必修化の影響は?

※当サイトはアフィリエイトプログラムを利用して商品等を紹介しています。

英検

新学習指導要領により、2020年度に小学校で必修化された英語教育。

「授業はどんなことをやっているの?」「中学受験に影響はあるの?」と不安に思う保護者の方も多いと思います。今回は、小学校の英語必修化について詳しく解説するとともに小学生の英語学習はいつから本格的に開始すべきか中学生、小学生の子供を育てる親の実感をお伝えしたいと思います。

この記事を書いた人

管理人の"アニーパパ"と申します。 神奈川県在住40代です。2022年に長女が公立中高一貫校に無事に合格することができました。
私は東証一部上場企業の子会社で教育事業の責任者を2年ほどやっていました。当時、公立中高一貫校受検の専門家や国際バカロレア(IB)の専門家の方々に、取材や対談でお会いして公立中高一貫校や英語教育に魅力を感じました。
このブログでは子供たちの中学受検体験記的な内容から仕事も含めて情報収集して集めた受検・教育情報なども紹介していこうと思います。ちなみに2024年には次男の中学受検を予定しています。
また、娘が中高一貫校に通うことになり中高一貫校の多くで使用されている検定外教科書「体系数学」と「New Treasure(ニュートレジャー)」に苦戦しました。そこで多くの専門家の方々に相談してオンラインスクールを開校すべく準備をすすめています。このような経験から得られたことも発信しています。

アニーパパをフォローする
こんな方に読んで欲しい
  • 中学受験や中学入学後のことを考えた際に英語学習をいつから開始すれば良いか知りたい方
  • 小学校の英語必修化について知りたい方
  • 中学校の英語教育についても知りたい方
  • 小学生に最適な英語学習方法や具体的なオススメ教材を知りたい方

「英語必修化」って何?

小学校での英語教育必修化はいつから?

新学習指導要領の実施により、2020年度から小学校で英語教育が必修化されました。これにより、従来は小5、小6で実施されていた外国語活動が小3、小4に実施時期が前倒しされます。また小5、小6は教科としての英語を学習することになりました。

小3、小4の外国語活動では「英語に親しむ」ことを目的として年間35コマ(週1程度)の授業が行われます。小5、小6では授業時間は年間70コマ(週2程度)と2倍となります。また教科化ということで算数や国語などの他教科と同じように評価がつくことや教科書が導入されるのが大きな変化です。学習目的は「英語によるコミュニケーションスキルを養うこと」で、日常会話など実践的な英語を中心に学びます。

今回の新学習指導要領では、これまでの「読む」「書く」中心の英語教育から、小学校中学年に新たに外国語活動を導入し「聞くこと」、「話すこと[やり取り]」、「話すこと[発表]」の三つの領域で音声面を中心とした外国語を用いたコミュニケーションを図る素地を育成した上で、高学年において「読むこと」、「書くこと」を加えた教科として外国語を導入しコミュニケーションを図る基礎となる資質・能力を育成することとしている。

その他の注目点としては、小学校の段階で600語~700語の英単語習得を目標としています。

中央教育審議会においては,「指導する語数については,これまでの実績や諸外国にお ける外国語教育の状況などを参考に,実際のコミュニケーションにおいて必要な語彙を中 心に,小学校で 600 〜 700 語程度,中学校で 1,600 〜 1,800 語程度,高等学校で 1,800 〜 2,500 語程度」を指導することとして整理している。

高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説 外国語編 英語編

中学校の学習指導要領も改定

学習指導要領が改定されているのは小学校だけではありません。

小学校、中学校、高校の学習指導要領が順次改定されており中学校では自分で考えて話す力がより求められるようになります。自分の考えを英語で発表する、英語でコミュニケーションを取ることに重点を置き、日常生活で英語を使うことの重要性を学びます。

そのために学習する英単語は1200語から1600~1800語に増え、これまでは高等学校で習っていた現在完了進行形、仮定法などの文法も中学校の教育内容になりました。

ただ教科書を読み上げる、問題文を読み解くといった内容だけではなく、即興で自分で文章を組み立て、発表する機会などを増やす方針のようです。グループワークを増やし、日常生活でよく使う文章を即座に作り上げる力を育成しようとしています。

英語学習はいつから?

英語学習を始めるのに最適な時期は、人によって異なります。しかし、一般的には早くから英語学習を始めることが望ましいとされています。以下に、英語学習を始めるのに適した時期について説明します。

幼児期:幼児期は、言語習得に最も適した時期であり、英語学習を始めるのに最適な時期とされています。幼児期に英語に触れることで、英語に親しむことができ、発音や文法などの基礎的なスキルを身につけることができると言われています。

小学生: 小学生は、英語学習をはじめる良い時期と言われています。小学校で英語が必修科目になっているため、英語の基礎を学ぶことができます。また、英語学習を習慣化することで、将来的に英語力を伸ばすことができます。

中学生以降: 中学生以降は、英語を使ったコミュニケーションが増えるため、目的意識を持って英語力を高めることが出来ます。

小学生の英語学習は、いつから?

中学受験や中学入学後のことを考えると

首都圏では、中学受験での通塾は小学3年生の2月からが一般的です。理由は多くの中学受験塾で小学6年生の1月・2月の中学入試に照準を合わせて3年間のカリキュラムで授業が行われているからです。

しかし、一部の塾では3年生の2月では満席のため入塾できない校舎もあり、小学1年生、2年生から通塾するご家庭も増えています。

中高一貫校などでは大学受験を見据えた速習型のカリキュラムを採用している学校が多いです。学校の教科書も検定外教科書である「NEW TREASURE(Z会)」や「PROGRESS IN ENGLISH(エデック社)」を採用している学校が多いため、小学生時代に英語学習をやっていないと授業に付いていくのも難しいと言われています。

アニーパパ
アニーパパ

娘が中高一貫校に通っていて娘の学校では「NEW TREASURE(Z会)」が採用されています。娘は小4で英検5級、小5で英検4級を取得していましたが学校の定期テストでは平均点ギリギリでした。

娘のクラスメイトにも英検3級以上(3級を取得済みのクラスメイトが数名と準2級、2級も1名づついたそうです)を取得しているクラスメイトも一定数いるようです。

娘も中学入学後に秋に英検3級を取得していましたが「小学生時代に英語をもっと勉強しておけば良かった」と言っています。

中学受験のことを考えると小5の2月(新6年生=受験学年のスタート)までには、目標とする英検の級を取得することを目指したいものです。

ちなみに中高一貫校への進学を目指している場合は、英検3級以上を目標としたいところです。

取得スケジュールの目安としては(小学生で英検3級を取得したい場合)1年に1級づつ取得を目標に小2の終わり頃から英語学習を開始したいところです。

小学生で英検3級を取得したい場合のスケジュールの目安

小5:英検3級
小4:英検4級
小3:英検5級

小学生にオススメの英語学習法

小学生のうちから意識したいのは英語4技能(「聞く(リスニング)」「話す(スピーキング)」「読む(リーディング)」「書く(ライティング)」)をバランス良く身につけることかなと思います。

うちでは近所の英語塾に通っていましたが新型コロナウイルスがきっかけでオンライン家庭教師を受講することにしました。

オンライン家庭教師では英検3級への合格を目標に市販の教材を使った指導をしていただきました。

短い準備期間で合格するための効率的な勉強法を教えてもらいました。

主な対策としては

  • 単語など語彙力強化
  • 文法力の強化
  • 過去問演習

の3つでした。この3つを中心に1ヵ月の勉強計画を立ててもらいました。

英単語・熟語

英検4級までは「出る順パス単シリーズ」を使っていました。

アニーパパ
アニーパパ

しかも「英検3級の出る順パス単」を既に購入していましたが…

今回はKANA先生に紹介してもらった「文で覚える単熟語」で単語や熟語を覚えることしました。

実際に1ヵ月学習して英検3級に挑戦してみて感じるのは、英単語・熟語学習に「文で覚える単熟語」を使用したことは、とても良かったと感じています。

文で覚える単熟語」の良い点は

文章で英単語・熟語を覚えるのでリーディング力を強化できる

文章を読みながら英単語や熟語を覚えるので長文読解のトレーニングも同時におこなうことができます。時間がない中で効率的に英検対策をおこなう意味では「文で覚える単熟語」を使用して良かったです。

リスニング対策も

下にある動画でも具体的な「文で覚える単熟語」を使用した学習法をご紹介していますが、「文で覚える単熟語」の文章を使用してオーバーラッピング、シャドーイングを実施することでリスニング力の強化にもつながります。

2次試験対策にも

またオーバーラッピング、シャドーイングは2次試験の面接対策にもなっていました。

英検3級の2次試験では、パッセージ(文章)とイラストが印刷された「問題カード」の音読と、その「問題カード」に書かれていることについての質疑が行われます。

その意味でも「文で覚える単熟語」で多くの文章を読みながら英検3級で必要な英単語や熟語を覚えたことは効率的でした。

アニーパパ
アニーパパ

文で覚える単熟語」での具体的な学習法はYouTubeで詳しく解説してくれています。

文法力の強化

中学1年生が英検3級を受験するにあたって最大の課題は『文法』でした。(最近は小学生で英検3級を受験するお子さんも多いと聞きますが小学生も同じだと思います)

中学校に入学してから、学校でも文法の指導が行われていますが学校で習っているのは「be動詞の肯定文・否定文・疑問文」とか「一般動詞の肯定文・否定文・疑問文」など英検で言えば5級レベルです。

もちろん小学生などが受験する場合も、専門的な英語塾などに通っていない限りは文法に関する知識はない状態だと思います。

英検4級までは、文法知識がなくても過去問を解きまくれば合格できてしまいます。

アニーパパ
アニーパパ

娘も小4で英検5級、小5で英検4級に合格していますが、試験直前は何度も過去問に取り組んで過去問で常に8割以上の正解率になっていました。

特に文法的な細かい知識は教えませんでしたが、単語さえ覚えていれば、あとは過去問に何回も取り組めば合格できる力が付くと思います。

しかし、英検3級は英作文(ライティング)の出題もあるため、文法の知識が全くないと合格するのが難しいと思います。

英検3級に合格するために実施した文法対策

まだ「be動詞や一般動詞の肯定文・否定文・疑問文」などをやっている状態でしたが、英検3級では「受動態」「現在完了形」「to不定詞」「分詞」「関係代名詞」「付加疑問文、間接疑問文」などの文法知識が求められます。

しかし試験まで1ヵ月しか時間がないので、1つ1つ丁寧に指導を受ける時間はありません。

そこで活用したのが「英検3級 を ひとつひとつわかりやすく。」という教材でした。

この「英検3級 を ひとつひとつわかりやすく。」では前半に英検3級で重要な単語や熟語などのページがありますが、1周目は単語や熟語のページはパスして、文法のページ(の左側:文法のルールがわかりやすく解説されているページ)のみ理解できるまで読み込みました。

2周目では、単語や熟語などのページからスタートして各ページの右側(:左のページで解説されていることの)練習問題に取り組みました。

練習問題で、間違えたところは左のページの解説を読んで、何を間違えたのか理解していきました。

練習問題も英検の試験の形式に近い練習問題なので、文法を理解しながら英検の試験に慣れていくことが出来て、とても効率的でした。

試験直前は過去問演習

そして試験直前は「英検3級 過去6回全問題集」で過去問を解きまくりました。

ちなみに試験の数日前からは英検の公式サイトにある直近の過去問を解きました。

アニーパパ
アニーパパ

やはり試験対策の王道は過去問演習だと思います。

あとは英検3級ではライティングがとても重要でした。

ライティングは誰かに採点してもらわないと、なかなか上達が難しいと感じました。

ちなみに娘は英検1級/TOECE満点のKANA先生に添削をお願いしてライティングが得点源になりました。

アニーパパ
アニーパパ

娘には英検1級/TOECE満点のKANA先生という心強い指導者がいましたが指導を受ける方が身近にいない場合はオンライン英語添削サービス「英語添削アイディー」などもオススメです。



英検3級の二次試験対策

英検3級の一次試験の合格がわかってから約1週間後に二次試験がおこなわれました。

準備期間がなかったので、KANA先生に1回模擬面接をしてもらってアドバイスをもらったのと、通っている中学校で1回模擬面接をしてもらった程度の準備でした。

面接の流れを知るために英検の公式ページで紹介されている「英検バーチャル二次試験 3級」は見ました。

おおまかな流れは「英検バーチャル二次試験 3級」を見ると理解できると思います。

中学1年生で英検3級に合格するために使用した教材まとめ

うちは「文で覚える単熟語」「英検3級 を ひとつひとつわかりやすく。」「英検3級 過去6回全問題集」の3冊で無事に英検3級に合格しました。オススメです!!

英単語・熟語

文法

過去問

小学生にオススメのオンライン英会話・英語塾

英語学習開始

小学校低学年の内は、あまり効果だけを急がずに本人が楽しめることを重視したオンライン英会話選びが大事です。

先生と話すのが楽しい!褒めてもらえて嬉しい!英語って面白い、そう感じてもらうことが英語学習の第一歩。楽しいレッスンでおすすめできるのは以下の3社です。

  • Novakid
    • 世界中の4歳から12歳の子ども向けが利用するネイティブ教師とのゲーム形式授業とAIによるデジタル学習プラットフォーム、無料体験レッスンあり
  • リップルキッズパーク
    • 音からはじめられるリスニングやスピーキング教材を使ったレッスンをおこなうので英語もオンライン英会話もはじめてでも安心!2回の無料体験レッスン実施中
  • ワールドアイキッズ
    • 「英語を楽しむ」ことに重点をおいた子ども専用のオンライン英会話サービス、月額2,450円~(4回/月)2回の無料体験レッスン

小学生の英検対策にお薦めのサービス6選!

市販のテキストを使用しても英検5級、4級は十分に合格可能だと思いますが、英検対策可能なオンライン英会話サービスなども多いので、併用しても良いと思います。

小学生のうちは「英語って楽しい」って気持ちを維持するのが重要です。

市販テキストを計画的に取り組めば1ヵ月~2ヵ月で合格する力は身に付きます。ただ、市販テキストを使用した1ヵ月~2ヵ月の対策は楽しくはない勉強の時間です。

なので、理想はオンライン英会話などで楽しく会話しながら目標とする英検の級で必要とされる単語や熟語などのボキャブラリーを獲得することです。

  1. QQ Englishオンライン
    • 小学生の英検対策ならQQキッズ(合格率91.1%の英検®︎対策ならQQキッズのプロ教師たちにお任せ!)入会費・年会費なし月額2,680円(4回)~新規入会初月99円キャンペーン開催中!、まずは無料体験レッスン(2回分)がオススメ!
  2. 本気の子どもオンライン英会話【ESL club】
    • 小学生で英検2級レベルの習得が可能!まずは無料体験レッスンがオススメ!
  3. オンライン英検(R)対策講座「SoundsFun!」
    • 英検の問題を扱いながら4技能をバランス良く鍛える双方向オンライン授業!まずは無料体験レッスンがオススメ!
  4. オンライン英会話スクール【ハッチリンク ジュニア】
    • 入会金無料月謝3,060円~の本格子供英会話スクール、しっかり2回無料体験レッスンがオススメ!
  5. GO School
    • インターナショナルスクール運営ノウハウを導入!有資格者による個別指導!小学生で英検2級レベルの習得が可能!まずは無料体験レッスンがオススメ!
  6. 学研のオンライン英会話 Kimini英会話
    • 学研として初のオンライン英会話ブランド!利用者数25万人を突破している安心のオンライン英会話サービスです。今なら10日間無料+初月999円(税込1,099円)キャンペーン中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました