話題の広島叡智学園中学校の費用、偏差値、評判などをご紹介します

公立中高一貫校

私の住んでいる神奈川県の公立中高一貫校の「偏差値」「受検倍率」「進学実績」「塾の合格実績」などをまとめてきました。

神奈川県以外で気になる公立中高一貫校も紹介していこうと思いますが第1回の今回は広島県立広島叡智学園中学校です。広島叡智学園中は県外からの受験も可能なので神奈川県在住の我が家からでも受験可能です。

この記事を書いている2020年10月20日に国際バカロレア(IB)のディプロマ認定校に認定されるなど話題の公立中高一貫校です。

この記事を書いた人

管理人の"ゆりパパ"と申します。 神奈川県在住40代です。 2015年に長男が中学受験に挑戦しましたが良い結果ではありませんでした。6歳下に妹と8歳下の弟がいますが中学受験に良い思い出がなかったので中学受験をさせるつもりはありませんでした。でも小5になった長女が「中学受験したい」と言い出しました。詳細はブログに書いていますが長女の中学受験を応援することにして2021年の中学受験に向けてブログも開始することにしました。このブログでは子供たちの中学受験体験記的なことから情報収集して集めた受験情報なども紹介していこうと思います。

ゆりパパをフォローする

広島叡智学園中とは?

広島叡智学園中(広島県立広島叡智学園中学校)は、広島県豊田郡(広島県豊田郡大崎上島町大串3137-2)にある公立の中高一貫校。私立中学に比べ学費が安いこと、県外からでも受検可能なこと、国際バカロレア(IB)のディプロマ認定校を受けるなどレベルの高い英語教育を提供していることなどから人気がある公立中高一貫校です。

叡智学園パース

広島県ホームページより

瀬戸内海の真ん中に浮かぶ大崎上島、全寮制で学ぶ6年間

広島叡智学園中の大きな特徴の一つが、全寮制であるということ。また、その寮は瀬戸内海の大崎上島(おおさきかみじま)にあります。

広島叡智学園中ホームページより

小さな島ではありませんが人口は約8000人で本州と橋ではつながっていない「離島」です。

広島叡智学園中の費用は?

中学校高等学校
授業料無償月額9,900円
諸費月額18,000円
寮費月額37,000円(食費30,000円程度含む)

寮生活ということで海外のボーディングスクール(全寮制の寄宿学校)をイメージしました。費用がかなり高くてスイスのル・ロゼ学院の年間学費は約1,440万円とも言われています。で広島叡智学園中の費用ですが中学生は月額5万5千円。寮費(しかも食費も込み)でこの金額なのでかなり安いですね。流石は公立中高一貫校です。

教育理念

広島叡智学園中が教育理念としてホームページに掲げているのが下記の内容です。この内容を読むだけでも普通の公立中高一貫校ではないなって感じがします。

私たちが、本校で実現したいこと、
それは、単なる学校づくりではなく、“Learning Community“の実現です。

合言葉は、“We are HiGA(HiROSHIMA GLOBAL ACADEMY), a learning community”。

生徒も、保護者の方々も、教職員も、地域の方々も、広島や海外の方々も、この学校に直接関わる方々だけではなく、「学び続け、変わり続けたい」という想いを持ったすべての人たちが、この“Learning Community“のメンバーです。

人は、誰もが素晴らしい「物語」を持っています。
当たり前ですが、一人一人の「物語」は、それぞれ違うものです。
人とは違って当たり前。どんなに話し合っても、分かり合えないことは、たくさんあります。
しかし、だからと言って、恐れる必要はまったくありません。
人と違っても、胸を張って、堂々と「私はこう思う」と言える。そんな人を、この学校で育てていきたいと思っています。

また、一人一人の「物語」が集まったもの、それが社会です。
それぞれの「物語」が変われば、社会全体が変わります。
一人一人の「私は変われる」が、社会全体を変えていくのです。
「学び続け、変わり続けたい」という“Learning Community“の想いが、世界を変え、平和な社会を創る。私たちは本気でそう信じています。

あなたも、この“Learning Community“に加わりませんか?
We are HiGA, a learning community. Let’s create it together!

Mission/私たちの使命

To be a global leader in building peace with the power of “learning”.

学びを通じて平和な社会づくりを実現し続ける存在となることを目指す

Vision/私たちが描く未来

To foster leaders who create in their community “a better future” for peace and sustainable development.

社会の持続的な平和と発展に向け世界中のどこにおいても地域や世界の「よりよい未来」を創造できるリーダーを育成する

To be an excellent model in “learning innovation”.

「学びの変革」の目指すべきモデルとなる

Values/私たちが大切にする価値観

To be a learning community whose global vision is rooted in local context.

「グローバルな視野」と「地域に根ざした心」の双方を大切にし、主体的に学び続ける「ラーニングコミュニティ」を形成する

重点的に育成する力/Competencies framework

  • 様々な場面で活用できる知識・技能の深い理解/Deep Understanding

  • 新しい価値を生み出す創造的・批判的思考力/Creative, Critical, Thinking

  • 異なる文化・価値観を持つ人々と協働する力/Collaboration

  • 日本語でも英語でも議論・協働できる高い語学力/Communication

  • 目標に向かってやり抜く力・自信/Confidence

広島叡智学園中ホームページより

広島叡智学園中の偏差値、受検倍率

広島叡智学園中の偏差値、受検倍率は

広島叡智学園中の偏差値は?

広島叡智学園中の偏差値は大手塾などの偏差値一覧などにはありませんでしたが地元の「中村教室」という四谷大塚系の塾のホームページには51掲載されていました。同じくらいの偏差値の学校を探すと、

  • 星野学園中学校
  • 森村学園中等部

などです。

ただ募集人数が40人と少数なこと、開校から間もないこと、公立中高一貫校の適性検査や面接・グループワークなど特殊な検査方法などを考えると偏差値はあまり参考にならないかもしれません。

広島叡智学園中の倍率は?

入試の倍率(実質倍率)は2020年(2019年11・12月入試)で7.13倍、その前年は9.38倍でした。ここ数年は5倍弱で推移しています。

  • 7.13倍(2019年11・12月入試)
  • 9.38倍(2018年11・12月入試)

2020年(2019年11・12月入試)は第1次選抜に志願者数285人のうち285人が受検。第2次選抜は99人が受検しています。

広島叡智学園中の評判は?

新しい学校なのと規模も非常に小さいこともあり評判がわかるような情報はあまりありませんでした。生徒さんが制作した動画がありますので学校の雰囲気は、この動画とかで判断する感じですかね。

010712 広島県立広島叡智学園中学校・高等学校 学校紹介ビデオ(生徒作)

広島叡智学園中の進学実績

広島叡智学園中は2019年4月開校なので、まだ進学実績はありません。

広島叡智学園中の募集概要

1 選抜の趣旨
本校の入学者選抜は,「令和3年度広島県立併設型中学校・高等学校入学者選抜の基本方針」及び「令和3年度広島県立併設型中学校入学者選抜実施要項」に基づき,本校における教育を受けるに足る意欲・適性等を判断して実施する。
2 教育方針
社会の持続的な平和と発展に向け,世界中のどこにおいても地域や世界の「よりよい未来」を創造
するリーダーを育成する。
3 募集
(1)出願資格
次のいずれかに該当する者が出願できる。
ア 令和3年3月に小学校若しくはこれに準ずる学校を卒業する見込みの者又は義務教育学校の
前期課程を修了する見込みの者
イ 令和3年4月に中学校又はこれに準ずる学校の第1学年への入学対象となる者
(2)定員
40 人(原則として,男子 20 人,女子 20 人)
4 入学者選抜日程
内 容 実 施 日 ・ 期 間
出 願 書 類 等 受 付 令和2年10月26日(月) ~ 令和2年11月9日(月)(消印有効)
第1次選 抜 令和2年11月22日(日)
第 1次選 抜通 過者発表 令和2年12月2日(水)
第2次選 抜 令和2年12月26日(土)
合格者発 表 令和3年1月8日(金)
5 出願
(1)期間
出願登録,入学者選抜料納付及び出願書類の提出は全て令和2年 10 月 26 日(月)から令和2年
11 月9日(月)までに行うこと。
なお,出願書類は簡易書留郵便により提出すること。令和2年 11 月9日(月)の消印有効とす
る。持参による提出は受け付けない。
(2)手続
ア 志願者
(ア)志願者は,インターネット出願システムで出願登録を行う。なお,出願登録の方法は,別紙
「インターネット出願の手引き」(7~9ページ)による。

(イ)志願者は,次の①及び②の書類に必要事項を記入し,出身小学校長から③の発行を受け,①
から④までの書類を取り揃え,(1)の期間内に本校校長に提出する。
① 志望理由書(様式第1-1号)
② 自己紹介書(様式第1-2号)
①及び②において,代筆による記入を必要とする志願者については,代筆により記入するこ
とができる。ただし,その場合,代筆者氏名及び代筆により記入した理由を明記すること。
③ 調査書(様式第2-1号)
出身小学校長が作成し,厳封したもの。
④ 志願情報確認票
①から③の様式については,広島県教育委員会ホームページ又はインターネット出願システ
ムによりダウンロードして印刷すること。④については,出願登録後にインターネット出願
システムによりダウンロードして印刷すること。
(ウ)志願者は,入学者選抜料(2,200 円)を納付する。なお,納付の方法は,インターネット出
願システムにより示す。
(エ)志願者で,点字検査用紙を必要とする者,拡大した検査用紙を必要とする者,代筆による解
答を必要とする者,漢字にルビを振り拡大した検査用紙を必要とする者,その他の特別措置を
希望する者については,次の手続によること。
a 点字検査用紙を必要とする者については,入学者選抜に関する特別措置願(様式第3-1
号)を令和2年9月4日(金)までに広島県教育委員会に提出し,許可を得る。
b 発達障害を理由に特別措置を希望する者については,入学者選抜に関する特別措置願(様
式第3-1号),医師の診断書及び小学校における個別の教育支援計画等を令和2年 10 月8
日(木)までに広島県教育委員会に提出し,許可を得る。
c a及びb以外の特別措置を希望する者については,入学者選抜に関する特別措置願(様式
第3-1号)を,(1)の期間内にアの(イ)の書類と併せて,本校校長に提出する。
イ 出身小学校長
出身小学校長は,次の書類の発行又は押印等を行う。(②は必要とする志願者に対してのみ。)
① 調査書(様式第2-1号)
作成方法は,令和3年度広島県立併設型中学校入学者選抜実施要項 30〜31 ページによる。作
成後,厳封の上,志願者に渡す。
② 入学者選抜に関する特別措置願(様式第3-1号)
記載内容に誤りがないことを確認した上で押印する。
(3)その他
受検票は,インターネット出願システムによりダウンロードしてA4判普通紙に印刷すること。
6 選抜
(1)第1次選抜
ア 適性検査
(ア)志願者全員に対して,適性検査を実施する。
(イ)適性検査の方法
適性検査の種類 検査時間(分) 満点(点)
適性検査A 45(分) 100(点)
適性検査B 45(分) 100(点)
イ 面接
志願者全員に対して,集団面接を実施する。
ウ 実施期日
令和2年 11 月 22 日(日)
エ 検査時間割
※ 面接の順番については検査当日掲示する。なお,面接が終了した者から順次解散とする。
オ 検査会場
広島県立広島中学校・高等学校(広島県東広島市高屋町中島 31-7)
カ 携行品及び留意点
(ア)携行品は,受検票,鉛筆(シャープペンシルも可),鉛筆削り,消しゴム,定規(三角定規及
び分度器のついたものは不可),筆箱,マスク,時計(計算機能付きのもの等は不可),上履き,
下履きを入れる袋とする。
(イ)弁当を持参すること。原則として,全ての検査が終了するまで検査会場から退出はできない。
(ウ)携帯電話(タブレット端末を含む。),その他検査問題の解答上有利と考えられるものは,検
査場への持込みはできない。
万一,検査開始後に,検査場内に携帯電話等持込みを認められていないものを持ち込んでい
ることが発覚した場合には,不正行為とみなし,当該受検者を退室させ,それまでの受検は一
切無効とするとともに,その後の受検も認めない。
キ 第1次選抜の通過者の決定及び発表
(ア)本校校長は,適性検査及び面接の結果並びに出願書類を総合的に判断して決定する。
(イ)本校校長は,第1次選抜の通過者の受検番号を,令和2年 12 月2日(水)11 時に本校ホー
ムページに掲載するとともに,通過者には「第1次選抜通過通知書」を郵送により送付する。
なお,ホームページへの掲載期間は,令和2年 12 月9日(水)16 時までとし,電話による照
会には応じない。
(ウ)第1次選抜の通過者の人数は,80 人程度とする。

(2)第2次選抜
第1次選抜の通過者を対象に,次により実施する。
ア グループワーク
グループによる活動を通じて,コミュニケーション力や他者と協働して課題を解決しようとす
る力などをみる。
イ 面接
志願者全員に対して,個人面接を実施する。
ウ グループワーク等の振り返り
グループワーク等において感じたことや考えたことを文章等で表現する。
エ 実施期日
令和2年 12 月 26 日(土)

7 合格者の決定
本校校長は,グループワーク,面接及びグループワーク等の振り返りの結果等を総合的に判断して
決定する。
8 合格者の発表等
(1)日時等
本校校長は,合格者の受検番号を,令和3年1月8日(金)11 時に校内に掲示するとともに,本
校ホームページに掲載する。合格者には「合格通知書」及び「入学予定者説明会案内」を郵便によ
り送付する。なお,電話による照会には応じない。掲示及び掲載の期間は,令和3年1月 13 日(水)16 時までとする。
(2)発表後の手続
ア 合格者は,本校ホームページから「請書・辞退届」をダウンロードするとともに,本校への入
学を確約する者は「請書」,入学を辞退する者は「辞退届」に必要な事項を記入し,令和3年1
月 15 日(金)16 時までに本校校長に提出すること。郵送により提出する場合には,簡易書留郵
便により令和3年1月 14 日(木)までに必着するよう本校校長に提出すること。なお,「請書」
を提出した者は,本校への入学を辞退することはできない。また,期限までに「請書」の提出が
ない場合は,入学の意思がないものとして取り扱うものとする。
書類の受付は,日曜日,土曜日,国民の祝日に関する法律(昭和 23 年法律第 178 号)に規定
する休日及び本校が定める振替休日等を除く平日の,9時から 16 時までとする。(ただし,12 時
35 分から 13 時 20 分までを除く。)
イ 繰上げ合格の実施
本校校長は,合格者の発表後,辞退による欠員が生じた場合,辞退者数を超えない範囲で繰り
上げて合格者を決定する場合がある。この場合,関係受検者に対し,本件に関する電話連絡を行
い,入学の意思を確認する。入学の意思を有する受検者は,速やかに所定の手続をとらなければ
ならない。
ウ 「請書」を提出した者は,令和3年2月 14 日(日)に実施予定の入学予定者説明会に参加する
こと。
9 入学者選抜の結果に係る簡易開示
入学者選抜の結果に係る簡易開示は次により行う。
(1)開示対象
適性検査及びグループワークの結果
(2)開示内容
第1次選抜:適性検査A及び適性検査Bの得点
第2次選抜:グループワークの得点
(3)開示請求対象者
不合格者(本人及びその法定代理人)
(4)本人等であることの確認
令和3年度広島県立併設型中学校入学者選抜実施要項の 35 ページの別表に示す書類の提示によ
り確認する。なお,受検票は本人を確認する書類の一つとなるので,受検終了後も大切に保管して
おくこと。
(5)開示期間
令和3年1月 13 日(水)から令和3年2月 12 日(金)までとする。(ただし,日曜日,土曜日,
国民の祝日に関する法律(昭和 23 年法律第 178 号)に規定する休日及び本校が定める振替休日等を除く。)
受付時間は原則として9時から 16 時までとする。(ただし,12 時 35 分から 13 時 20 分までを除
く。)
(6)開示場所
本校(広島県豊田郡大崎上島町大串 3137-2)
(7)開示手続
請求者は,前日までに電話により開示の予約を行い,本人等であることを確認する書類を持参の
上,本校において口頭で開示の請求をする。本校校長は,請求者が正当な請求者であることを確認
した後,原則として閲覧により開示する。

その他、詳しくは広島叡智学園中のホームページをご覧下さい

広島叡智学園中の過去問

※本記事は広島県立広島叡智学園中学校のホームページなどの情報をもとに作成しています。受検をご検討の方々はご自身で各ホームページの情報もご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました