川崎高等学校附属中の評判は? 偏差値、進学実績、塾の合格実績など

公立中高一貫校

今回は私の住んでいる神奈川県の公立中高一貫校の1つである川崎市立川崎高等学校附属中学校の「偏差値」「受検倍率」「進学実績」「塾の合格実績」などをまとめました。

この記事を書いた人

管理人の"ゆりパパ"と申します。 神奈川県在住40代です。 2015年に長男が中学受験に挑戦しましたが良い結果ではありませんでした。6歳下に妹と8歳下の弟がいますが中学受験に良い思い出がなかったので中学受験をさせるつもりはありませんでした。でも小5になった長女が「中学受験したい」と言い出しました。詳細はブログに書いていますが長女の中学受験を応援することにして2021年の中学受験に向けてブログも開始することにしました。このブログでは子供たちの中学受験体験記的なことから情報収集して集めた受験情報なども紹介していこうと思います。

ゆりパパをフォローする

 

川崎市立川崎高等学校付属中学校ホームページより

川崎高等学校付属中とは?

川崎高等学校付属中(川崎市立川崎高等学校付属中学校)は、神奈川県川崎市(神奈川県川崎市川崎区中島3-3-1)にある公立の中高一貫校。私立中学に比べ学費が安いこと、高い進学実績を誇ることなどから人気がある公立中高一貫校。

川崎高等学校付属中は教育理念として下記を掲げている。

学校教育目標

こころ豊かな人になろう

  • 自分の良さを伸ばそう
  • 知識を求め、追求しよう
  • 思いやる心をもとう
  • 心身ともに鍛えよう
【めざす学校像】
  • 「かわさきLEADプロジェクト」を基盤とする学校

「かわさきLEADプロジェクト」とは、文字通り「先頭に立って導く」という“LEAD”の意味から、国際都市川崎をリードする人材を育成することをめざしたものであり、

Learn(学ぶ)

Experience(体験・経験)

Action(行動)を大切にして、生徒一人ひとりの

Dream(夢)を支える教育活動のことです。

  • 幅広い知識と各種体験を基に高い学力を支える学校
  • 個性の伸長と豊かな人間性を育む学校
  • 自己の進路希望や設計が実現できる学校
  • 国際的視野を育む学校
  • 生徒相互が主体的に交流し、活力ある学校
【育てたい生徒像】
  • 自らの能力と個性を伸ばす高い志をもち、将来の進路希望の実現に向けて主体的に学ぶ生徒
  • 表現力やコミュニケーション能力を養い、多文化共生の視点をもって国際社会で活躍する生徒
  • 豊かな感性や人権感覚を身につけ、共に支え生きる社会の担い手として活躍する生徒
【三つの柱】
 体験・探求

■主に総合的な学習の時間「LEADタイム」を使って体験活動を中心にした、探究的な学習を充実させていきます。

■探究的な学習では、テーマに沿って自分たちで課題を見つけ、それにかかわる情報を収集し、その情報を整理・分析し、まとめていく能力を育成していきます。この学習過程で生まれる新たな気づきから、さらに調べていく学習活動をスパイラルにくり返し、高めていきます。

■学習のまとめを発表する機会をもち、プレゼンテーション能力を育みます。

≪1学年のLEADタイムの例≫

   4月   探究的な学習の進め方ガイダンス

   5~10月 「枝豆」をテーマとしたグループ調べ学習

   7月   枝豆播種体験

   10月   枝豆収穫体験、前期まとめ・グループ学習発表会

   10~3月 「農業」をテーマとした個人調べ学習

   1月   味噌づくり体験(大豆の加工)

   3月   後期まとめ・個人学習発表会

 ICT活用

■各教室に電子黒板機能付きプロジェクター・パソコン・書画カメラを設置し、わかりやすい授業を展開していきます。

■いつでもどこでも情報を検索できる環境を整備し、情報を適切かつ的確に処理するとともに、自分の頭で考え判断する力を養います。

■ICT機器を使って学習発表や研究発表を行い、プレゼンテーション能力を身につけます。

■授業支援システムを活用し、一人一台のパソコンを利用した授業を展開していきます。

■朝や放課後の時間を活用してe-ラーニングを行い、基礎学力の定着を図ります。

英語・国際理解

■国際社会で活躍するために必要な英語力が身につけられるように、普段の授業に加えてイングリッシュキャンプやイングリッシュチャレンジなど、アウトプットの機会を多くし、実際に英語を使うことでコミュニケーション能力を高めていきます。

■総合的な学習の時間を中心に異文化交流活動を展開していきます。

また川崎高等学校付属中は高校でも生徒募集をおこなう「併設型の中高一貫校」として設立されたが学力の差が著しいとして2021年度より高校普通科の募集を停止しています。ちなみに中学から120名の募集をしています。

川崎高等学校付属中の偏差値、受検倍率

川崎高等学校付属中の偏差値、受検倍率は

川崎高等学校付属中の偏差値は?

川崎高等学校付属中の偏差値は男子55、女子57(四谷大塚の80偏差値)と言われています。同じくらいの偏差値の学校を探すと、

  • 大宮開成中学校
  • 学習院中等科
  • 国学院大学久我山中学校
  • 品川女子学院中等部
  • 湘南白百合学園中学校
  • 成蹊中学校
  • 千葉市立稲毛高等学校附属中学校
  • 帝京大学中学校
  • 田園調布学園中等部
  • 桐蔭学園中等教育学校
  • 普連土学園中学校
  • 明治大学付属中野中学校

などがあります。

川崎高等学校付属中の倍率は?

入試の倍率(実質倍率)は2020年で4.03倍、その前年は4.16倍でした。ここ数年は5倍弱で推移しています。

  • 2020年:4.03倍
  • 2019年:4.16倍

2020年は志願者数492人のうち483人が受検。倍率は4.03倍(前年度4.16倍)であった。

川崎高等学校付属中の評判は?

みんなの中学情報に記載されている評判を見ると「学習環境」「施設」「制服」「先生」「学費」など全般的に高い評価です。逆に「治安/アクセス」「部活」は低めです。アクセスはJR川崎駅下車 徒歩20分(1.7Km)なのでアクセスがあまりよくないですね。

川崎高等学校付属中の進学実績

川崎高等学校付属中の進学実績は同校がホームページで公表しています。公立中高一貫校の評価軸の目安が国公立大学への進学実績ですが1期生が東京大学に1名合格しています。

川崎市立川崎高校附属中
東大・京大1
一橋・東工大・旧5帝大2
国公立大学21
早稲田・慶應・上智34
GMARCH72
海外大0
年度2019年度卒業生

川崎高等学校付属中の募集概要

令和3年度入学者の募集及び決定に関する情報

〔募集定員〕    120名

〔志願受付期間〕 令和3年1月5日(火曜日)から1月7日(木曜日)まで。

郵送により、当該期間内の到着又は消印があるものを受け付けます。

〔検査期日〕    令和3年2月3日(水曜日)

〔合格発表日〕   令和3年2月10日(水曜日)

詳細は川崎市立川崎高等学校附属中学校(川崎市)ホームページをご覧下さい

川崎高等学校附属中の各塾の合格実績

川崎市立川崎高校附属中
臨海セミナー46
栄光ゼミナール29
四谷大塚20
湘南ゼミナール12
中萬学院9
日能研4
早稲田アカデミー1

※各塾の公式ウェブページの2020年中学入試合格実績より

川崎市立川崎高等学校附属中学校の過去問

※本記事は川崎市立川崎高等学校附属中学校のホームページや各塾のホームページなどの情報をもとに作成しています。受検をご検討の方々はご自身で各ホームページの情報もご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました