都立小石川中の費用/偏差値/進学実績/評判などを完全解説 | 都立中高一貫校徹底研究①

都立中高一貫校徹底研究

都立中高一貫校の最難関校で高い進学実績を出しており人気がある小石川中等教育学校ですが、新型コロナウィルスの蔓延以降は、学校行事に参加するのも難ししく情報収集やお子さんのモチベーション形成に苦労しているご家庭も多いのではないでしょうか?

今回は、東京都立小石川中等教育学校の費用や偏差値、進学実績などの情報と合わせて小石川中等教育学校の公式サイトなどに掲載されている動画なども織り交ぜながらご紹介します。

この記事を書いた人

管理人の"アニーパパ"と申します。 神奈川県在住40代です。2022年に長女が公立中高一貫校に無事に合格することができました。
私は東証一部上場企業の子会社で教育事業の責任者を2年ほどやっていました。当時、公立中高一貫校受検の専門家や国際バカロレア(IB)の専門家の方々に、取材や対談でお会いして公立中高一貫校や英語教育に魅力を感じました。
このブログでは子供たちの中学受験体験記的なことから仕事も含めて情報収集して集めた受験・教育情報なども紹介していこうと思います。
2024年には次男の中学受験を予定しています。

アニーパパをフォローする

都立小石川中とは?

都立小石川中(東京都立小石川中等教育学校)は、東京都文京区(東京都文京区本駒込2-29-29)にある公立の中高一貫校です。私立中学に比べ学費が安いこと、高い進学実績などが人気の公立中高一貫校の中でもトップクラスの進学実績で人気です。

都立中高一貫校は一般の公立中学と同様、授業料、施設使用料は無料です。制服代、体操着代などがかかるのも 一般の公立中学と変わりません。一番大きな違いは修学旅行などで海外に行く学校があります。※コロナで海外には行けなくなっているようですが。

学校紹介動画

生徒さんが作成したと思われる動画です。どんな学校なのかの雰囲気を感じることができます。

育てたい生徒像

  • 現状に満足せず、高い志をもち、自らの個性と能力を自ら開拓する生徒
  • 国際社会に生きる日本人として、幅広い教養と豊かな感性及び高い語学力を身に付けた生徒
  • 自然科学など様々な場面・分野で活躍できるリーダーを目指す志の高い生徒

特色

都立小石川中は大正7(1918)年に府立五中として開校しました。
初代校長の伊藤長七は、教育信念として「詰め込み受験教育を否定し、自ら究める力を養う。」「自律の精神を養う。」「科学する研究心を養う。」の3つをあげていました。

100年以上たった今でもその理念は受け継がれ、教育理念「立志」「開拓」「創作」を実現する具体的な方針として小石川教養主義、理数教育、国際理解教育を3つの柱とした教育活動を展開しています。

特色1:小石川教養主義

文系・理系にクラスを分けずに全員がすべての教科・科目をバランスよく学ぶこと、4年生から自由選択科目として第2外国語を学べること、6年生で週22時間の特別選択講座を配置していることです。

また、教育課程上最大の特色は、全員が6年間を通して課題探究型学習「小石川フィロソフィー1~6」に週1~2時間取り組むことです。

  • すべての教科・科目を学ぶ
  • 小石川フィロソフィー(課題発⾒⼒、継続的実践⼒、創造的思考⼒)
  • 第2外国語
  • 小石川セミナー
  • 充実した学校図書館
特色2:理数教育(SSH)
  • SSHの取り組み
  • 6年間を貫く課題研究
  • 高度な理数系カリキュラム
  • 科学的思考力をもったグローバルリーダーの育成
  • 大学との連携や接続
  • 教員の指導力の向上
特色3:国際理解教育
  • 東京グローバル10の指定
  • 外国人教員の活用
  • ライティングワークショップ
  • 語学研修
  • 国際交流
  • 国際系コンテスト近年の実績
  • 留学関連

費用

必要経費(以下は年額で、10回の分割納入となります。)
授業料:前期課程0円、後期課程12万円
施設・設備費:0円
学校徴収金※:1年(28万)2年(26万)3年(10万)4年(9万)5年(12万)6年(2万)
※に含まれる費用:教材、模試、学年行事(宿泊行事含む)、海外修学旅行、海外語学研修、牛乳給食(前期のみ)、生徒会費、PTA会費
ランチボックス:前期課程(任意)5万
教科書・副教材費:後期課程 2万~3万

※小石川中等HPより

都立小石川中の偏差値、受検倍率

都立小石川中の偏差値、受検倍率は

都立小石川中の偏差値は?

都立小石川中の偏差値は男子、女子ともに67(四谷大塚の80偏差値)と言われています。同じくらいの偏差値の学校を探すと、

  • 栄光学園中学校(神奈川県)
  • 渋谷教育学園渋谷中学校 男子(東京都)
  • 早稲田中学校(東京都)

などです。

都立小石川中の倍率は?

都立小石川中の受検倍率は2022年は4.15倍で2021年の4.64倍から低下しました。2018年から毎年、受験倍率は低下しています。

  • 2022年:4.15倍
  • 2021年:4.64倍
  • 2020年:5.69倍
  • 2019年:6.66倍
  • 2018年:6.70倍
  • 2017年:6.44倍

都立小石川中の進学実績

2021年度大学入試合格者数で東京大学に現役で18名、京都大学に現役で5名、その他の国公立大学に現役で77名(浪人で15名)うち医学部医学科に現役で1名(浪人で2名)の合格実績を出しています。

国公立大学以外に「防衛大/防衛医科大」に各1名、海外大学でも「University of St Andrews(英)」に1名、私立大学だと早稲田96名、慶応義塾59名、上智18名などで私立医大にも合計6名が合格しています。

過去5年の合格実績

近年の海外大学合格者数

都立小石川中の評判は?

みんなの中学情報に記載されている評判を見ると 「進学実績/学力レベル」 が圧倒的に高く、その他にも「校則」「いじめの少なさ」「学習環境」「治安/アクセス」「学費」など全般的に高い評価です。逆に「施設」「制服」が低めです。

学校生活

運動部紹介

文化部紹介

都立小石川中の募集概要

都立小石川中は6年間一貫教育を行っており、高校からの入学、転入学、編入学等はありません。

令和4年度生徒募集について

〇募集人数
男子80名女子80名 計160名
〇特別枠募集
5名以内
〇一般枠募集
募集人数から特別枠募集で入学者として決定された人数を、男女別に差し引いた数
〇検査日
特別枠募集 令和4年2月1日(火)
一般枠募集 令和4年2月3日(木)
〇合格発表
特別枠募集 令和4年2月2日(水)午前9時
一般枠募集 令和4年2月9日(水)午前9時
詳細につきましては、以下をご覧ください。

その他、詳しくは都立小石川中のホームページをご覧下さい

適性検査

学校名適性検査Ⅰ適性検査Ⅱ1⃣適性検査Ⅱ2⃣適性検査Ⅱ3⃣適性検査Ⅲ
東京都立桜修館中等教育学校独自独自共同共同なし
東京都立大泉高等学校附属中学校共同共同共同共同独自
東京都立小石川中等教育学校共同共同独自共同独自
東京都立立川国際中等教育学校独自共同共同共同なし
東京都立白鷗高等学校附属中学校独自共同共同共同独自
東京都立富士高等学校附属中学校共同共同共同共同独自
東京都立三鷹中等教育学校独自独自共同共同なし
東京都立南多摩中等教育学校独自共同共同共同なし
東京都立武蔵高等学校附属中学校共同共同独自共同独自
東京都立両国高等学校附属中学校共同共同共同共同独自

報告書と適性検査の比率

学校名報告書適性検査
東京都立桜修館中等教育学校3070
東京都立大泉高等学校附属中学校2080
東京都立小石川中等教育学校2575
東京都立立川国際中等教育学校2575
東京都立白鷗高等学校附属中学校2080
東京都立富士高等学校附属中学校3070
東京都立三鷹中等教育学校2080
東京都立南多摩中等教育学校2080
東京都立武蔵高等学校附属中学校2575
東京都立両国高等学校附属中学校2080
千代田区立九段中等教育学校2080

都立小石川中の各塾の合格実績(2022年)

都立中はどこもenaの1人勝ち状態です。最難関の小石川中等でもenaの占有率は44%と非常に高いです。ただしenaの中でも教室によって合格率に差があるようです。塾を検討されている場合は教室を見学して、教室の通塾生の合格率を確認したり、先生との相性を確認したりすることが重要だと思います。

都立小石川中
ena71名
早稲田アカデミー33名
早稲田進学会40名
SAPIX36名
栄光ゼミナール18名
日能研12名
早友学院0名
※各塾の合格実績より

都立小石川中の過去問

まとめ

今回は、東京都立小石川中等教育学校の学校紹介、偏差値、進学実績、費用などの情報を小石川中等教育学校の公式サイトなどに掲載されている動画なども織り交ぜながらご紹介しました。

東京都立小石川中等教育学校への進学をお考えの方のお役に立てば幸いです。

※本記事は東京都立小石川中等教育学校や塾のホームページなどの情報をもとに作成しています。受検をご検討の方々はご自身で各ホームページの情報もご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました